HOME … 七夕酒「ささのはさらさら」発売のお知らせ

お知らせ

2014年06月19日

七夕酒「ささのはさらさら」発売のお知らせ

 

酒蔵の重要行事「初呑み切り(はつのみきり)」

冬に搾られたお酒はタンクで貯蔵熟成されますが、貯蔵タンクのお酒を抜き出してテイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る品質検査を行います。お酒を抜き出すときに貯蔵タンクの出口である「呑み口」を切ることから、これを「呑み切り」といい、その年初めての呑み切りは「初呑み切り」と呼ばれ、5月末から6月の初夏頃に行われます。ここでの評価がその後出荷するお酒に大きな影響を及ぼすため、酒蔵にとって重要な行事となっています。

七夕頃にいちばん飲み頃になるタンクを厳選
日本名門酒会では、いくつかの蔵でこの「初呑み切り」に酒屋さんなどお酒のプロも参加するイベントを行っており、そのとき複数のタンクから、七夕頃にいちばん飲み頃になりそうなお酒を全員の投票で選び出し、7月7日七夕前後に限定酒として売り出します。その名も「ささのはさらさら 初呑み切り」。

ご予約はイベントに参加した日本名門酒会加盟の酒販店まで
各蔵元の「初呑み切り」イベントに参加した日本名門酒会加盟店でしか買えない限定酒。「買える店」を順次、ご紹介してまいりますので、どんなお酒が選ばれたのか、発売日はいつになるのかは、販売している加盟店さんに直接、お問い合わせください。基本的に予約販売されますので、ご予約はお早めに。

 

 
【醸造元】萱島酒造有限会社
【蔵元出荷】2014年6月27日(金)
【参考本体価格(8%税込)】720ml・1,500円(税込1,620円)

 
西の関ささのはさらさら取扱い店はこちら▼

一覧に戻る
  • 千三百年の祈り
  • 製品カタログ
  • 公式Facebookページ
  • Sakestagram
  • 萱島酒
類 豊後清明公式サイト