HOME … 西の関の酒造り

旨い酒造りの基本は「一麹・二酛・三造り」と言われ、酒造工程の大切さを順に表しています。これは酒造りにおいて最も重要なのが「麹造り」、次に「酒母造り(酛:もと)」、そして醪(もろみ)を仕込む「造り」ということです。杜氏や蔵人はこの点を常に注意しながら仕込みを行います。





精米・洗米・蒸し・麹・酒母・本仕込み・搾り・唎酒・貯蔵・唎酒・ビン詰・出荷までどれも重要な工程です。
西の関では基本に忠実にひとつの作業・ひとつの工程を正確に、丁寧に、連けいしていくことが長年にわたり変わらない旨い酒を作ることへ繋がると考えています。








年々変化する気候や年ごとに微妙に変わる原料米の性質等、仕込み以外の要因が一定することはありませんが杜氏をはじめとした蔵人全員で積み重ねた経験と勘で克服しています。
お客様に喜んで満足して戴ける酒造り、そして九州の食文化にかなった旨い酒を将来に向かい作り続けて参ります。